送電ロス

イニシャル gh SDGs > カーボンニュートラル > 送電ロス

送電ロスとは?


人里離れた発電所から、需要の大きい市街地までに変電所を介して送電することによって、最新の技術でも約3.8%の送電ロスが全国で出ています。これは、火力発電所約7基分の年間総発電量に匹敵します。

伝送損失係数
電柱と電線のネットワークを介して電気を輸送すると、その一部は熱として失われます。送電損失係数は、この電力損失を反映するために、電力会社によって計算されます。

送電が弱いライン遠い場所ある発電機は、発電量が多くなり、その多くなった部分が熱や変電作業で生じるショートによるロスになります。
 送電損失係数は、どの場所が最も需要が高いかを知ることで、送電経路を最適化してゆきますが、一番需要の高い場所は例外なく都市部です。
 このように、伝送損失係数を利用して最適な送電経路を選択若しくは新たに計画することは、消費者のコストを最小限に抑えるためにも必要な計算です。

 石炭火力発電所から電力が送信され、その間で、水力発電や新しい風力発電機と太陽光発電機がグリッド全体に接続され接続ロスが生じます。
発電機は、発電所の種類と場所が変わると、送電ロスを再度計算して発電量を調整します。

失われる主な電力

発電機と需要者の距離が遠ければ遠いほど、より多くの電力が失われます
送電網の電圧と抵抗-送電線の品質
変電ロス・電圧差ロス
送電線を流れる電力量-より負荷の高い電線は、より多くの熱とより多くの損失を意味します。
日本の平均送電ロスは約3.7%(平均的な火力発電所7基の年間生産電力に匹敵します。)

Initial ghの対策と考え
消費都市の電力は消費都市で自然エネルギーによって可能な限り生産し、余剰電力は蓄電池などに蓄えたり、これから普及が見込まれるEVチャージステーションや電灯などに供給する事が望ましいと考えます。
都市電力配線網を借りることが出来れば、このクリーンで安全なエネルギーを都市内部で貸し借りが可能になります。事務所では土日には電力を発電しますが、消費はしません。しかし、インフラ設備は独自の発電機能を有する設備が多く、そのほとんどは火力やガスタービンなど化石燃料を使用する発電設備です。
先ず、多少の余剰も出るかもしれませんが、自然エネルギーの都市部での生産量を増やすことが、脱炭素化の近道だと考えています。


地球温暖化原因と対策ページ ハッシュタグ
 #地球温暖化 #人口80億人 #水枯渇問題  #ペーパレスとデジタル化 #食料問題 #自然エネルギーのシアリング    #持続可能なエネルギー #カーボンニュートラル #都市型水耕栽培  #環境改善事業を企業構造に取込む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »