家庭からのマイクロプラスティック

イニシャル gh SDGs > グリーン ビジネス > 家庭からのマイクロプラスティック

深刻化する家庭からのマイクロプラスティック
一般家庭などで排出されたごみは海へと廃棄されているケースも多くあります。
あまりピンとこないでしょうが、歯磨き粉やスクラブ石鹸シャンプーなどから多くのマイクロプラスティックが一般家庭から毎日排出されています。
 特に多く海水に元の資質のまま残留するのがプラスチックごみであり、残存海洋ごみの大半を占めています。
海洋プラスチックごみは海洋環境や生態系に大きな影響を与えるとして問題視されています。

それは、スクラブ剤や梱包容器として形成されたプラステックが太陽の熱や波の刺激により、どんどん小さく分解され、それを魚の体内に取り込まれ、食料としての魚を接種する人間の体内にもプラステックが戻って来ます。
 それは、魚の育成を妨げる原因に成ったり、魚を食べる人間に対して健康被害をもたらせるものになります。
また、プラスティックは海岸近くに波寄せられ、日光が届かず海洋生物の育成に大きな影響を及ぼすことになり、海水での光合成を減速させます。

海洋プラステックの種類

一次マイクロプラスチック
歯磨き粉や洗顔料に含まれるスクラブ剤やオシャレのために使われるグリッターなど製品や製品原料として使用されるのが目的に製造されたプラスチックが一次マイクロプラスチックに分類される。非常に細かいため、回収や製品化された後の対策が難しい。

二次マイクロプラスチック
ポイ捨てや埋立地で、ペットボトルやプラスチック袋などのプラスチック製品が、太陽の紫外線、波の作用や岩・砂などのなんらかの外的要因によって劣化し、細かくなったプラスチックが二次マイクロプラスチックに分類。

次の世代にも豊かな海にを残すには、一般家庭の中で排水設備を整えたり、一般的な常識の中で海に投げ捨てしたり、ごみ回収を請け負った業者が、プラステックを燃やしたりして大気に放出したり、海に捨てる事することを社会全体の目で監視する必要がありますね。

この他にも、放射性ゴミ、排気化学薬品をあえて深い海に捨てられています。
人間が食べる魚がいない深海のエリアだからといっても、海は繋がっているのです。
一般大気や1.5℃問題と同じように今から取り組まないと、将来に酷い海を残すことになりますね。

海洋における将来のマイクロプラスチック浮遊量を世界で初めて予測
〜海洋プラスチック汚染の監視と軽減に期待〜

地球温暖化原因と対策ページ ハッシュタグ
#地球温暖化 #人口80億人 #水枯渇問題 #ペーパレスとデジタル化 #食料問題 #自然エネルギーのシアリング #持続可能なエネルギー #カーボンニュートラル #都市型水耕栽培 #環境改善事業を企業構造に取込む

食料問題と対策ハッシュタグ
#食料問題  #地球温暖化    #水枯渇問題    #人口問題とリプロダクティブ・ヘルス #都市型水耕栽培

人口問題とジェンダー/リプロダクティブ・ヘルス ハッシュタグ
#人口問題  #食糧問題   #教育とフェアートレード  #フェアートレード



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »