コロナ開けに世界的なインフレ(懸念)

イニシャル gh SDGs > より人工的な環境問題 > コロナ開けに世界的なインフレ(懸念)

2020年前期、世界中経済はコロナで今までないほど縮小していました。先物の石油価格がマイナス価格を記録したことも記憶にあると思います。

しかし、mRNAワクチンの接種普及からコロナ感染者の死亡者数や重症化数が減少し、感染者数が死亡や重症化数に2021年10月現在関、従来のように大きな率で死亡するや重症化することが激減してきました。
また、新しい経口新薬の初場が予定されたり、新しいワクチンがさらに出てくる中、人々のコロナに対する恐怖心が薄れてきていると考えられます。
 
 これにより世界経済は再稼働すべく、mRNAワクチンの接種率の高い国から行動の制限が解除されてきています。
現在、アメリカやヨーロッパの一部の国が経済の再開を行っている中、世界中で食料、資源、エネルギーの高騰が続いています。それはなぜですか?
 
 食料価格は、今まで休業していたレストランが再開し始め、食料品の購入を始めたり、地球温暖化により異常気象で、食料品の植え付けや収穫が減ったり、家畜を繁殖させていなかったという経緯で、経済再稼働によって食料品在庫が手薄になり、価格が上昇しています。

また、今まで休んでいたレストランなどの飲食店が稼働し始め極度の人手不足になり、アメリカのウィスコンシン州ではファーストフード店で14歳の青少年が深夜11時まで就業出来る法案が可決しました。
 エネルギー不足、多くの国が地球温暖化対策に伴い、安価な石炭での発電を止めたり、石油の掘削を控えたりしていた為、これらの設備の再稼働に時間がかかったり、産油国の思惑によって石油価格が1バーレル85ドルに達し、100ドルを目指しているという経済評論家も出てきました。
 商品価格の上昇は、経済復活に伴い旺盛な経済活動が始まり多くの消費者が車、住宅など同じものを必要とし始めています。これに伴い、製品を運ぶ船舶用コンテナが取り合いになり、経済原理により高い価格で取引が来る返されています。現在のコンテナの確保価格はコロナ禍の約2倍から3倍以上で取引されています。2021年11月現在

日本海事センター資料 

これらは、コロナによる経済パニックを避けたために、多くの先進国が大型の景気対策と金融緩和を行った為、市中に資金がふんだんにありまたは調達出来るため、容易に価格が上昇し易い環境にあります。
 これが東南アジア、南アメリカ、インド、中国が本格的な経済を再稼働したときに、インフレはさらに進むと考えられます。一時的にパニック的な価格にならないように各国は、金融緩和の引き締めを考えてますが、実体経済も軌道に乗っていない状態での金融引き締めは現実的に難しいようです。
 経済原理を少し横に置かせていただき、各国間の取引ルールの作成が急がれるのではないでしょうか。
人口対比の取引量など、いくつかの重要なルールを取り決める必要があると思います。内容については、賛否もあるので控えさせていただきます。
 今回のコロナ禍で世界は一つであるということは皆さんがよく分かったと思います。一つの国で発生した伝染病が世界を襲いました。国家間で様々な思惑はあるかと思いますが、世界でめけなくてならないルールを忘れないでほしいと考えています。
他の世界がコロナ開けにする時にどんなインフレが起きるのか不安ですね。

SDGsとESG  ハッシュタグ
#SGDs  #14分野のグリーン成長分野戦略     #最新の環境トレンド(ブログ) #なぜ企業がSDGsを取り入れますか?   

地球温暖化原因と対策ページ ハッシュタグ
#地球温暖化 #人口80億人 #水枯渇問題 #ペーパレスとデジタル化 #食料問題 #自然エネルギーのシアリング #持続可能なエネルギー #カーボンニュートラル #都市型水耕栽培 #環境改善事業を企業構造に取込む

人口問題とジェンダー/リプロダクティブ・ヘルス ハッシュタグ
#人口問題     #食糧問題    #教育とフェアートレード     #フェアートレード

グリーン産業・ビジネス ハッシュタグ
# グリーン産業/ビジネスとは   #14分野のグリーン成長分野戦略  #環境改善事業を企業構造に取込む  

facebook     



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »