ライフサイクルアセスメント(LCA)

イニシャル gh SDGs > カーボンニュートラル > ライフサイクルアセスメント(LCA)

自動車の生産から廃棄までのCo2排出量についてEU規制を検討しています。
EV車はリチウムイオン電池を搭載していて、そのリチウム電池の廃棄の段階で毒性物質(有毒なフッ素排出物)が排出されると危惧されています。
 また、リチウムイオン電池のリサイクルには高いコストが掛かります。
現在では、大規模な施設が高温冶金法や製錬法でリチウムイオン電池のリサイクルを行っています。 これらの施設では高温(1,500℃)で不純物を燃やし、コバルト、ニッケル、銅を取り出します。
今後EVが主流になるのであれば、リチウムイオン電池の再処理の方法も革新的な技術を産み出す必要が有るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »