Build Back Better(ビルド・バック・ベター)

イニシャル gh SDGs > グリーン ビジネス > Build Back Better(ビルド・バック・ベター)

Build Back Better(ビルド・バック・ベター)とは

災害の発生後の復興段階において、次の災害発生に備えて、より災害に対して強靱な地域づくりを行うという考え方。2015年に仙台で開催された第3回国連防災会議で採択された国連文書です。「災害リスク削減のための仙台枠組み 2015-2030」

災害を教訓にした、日本のBuild Back Better

Build Back Betterという言葉が頻繁に使われるようになったのは、新型コロナの影響が大きいが、災害の多い日本ではそれ以前からBuild Back Betterの考えが昔から浸透しています。

例として、阪神・淡路大震災である。阪神・淡路大震災は人口集中地域で発生した直下型の地震を想定した建物の強度や耐震性が補強されました。

また、2011年に発生した東日本大震災の被災地では、周りを海に囲まれている日本のリスクが津波という形で現れました。その後、被災地は高台に町を作ったり、原子力発電所近くの海に高い防波堤を設置するなどの処置を行いました。

新型コロナとBuild Back Better

新型コロナの流行により、人の密集する都市部での活動が大きく制限され、世界経済は大きく落ちこみました。新型コロナがもたらした不況と古い産業をどう回復させていくか、各国で重い課題となっています。

新型コロナによる経済的な影響が大きくなる一方で、mRNAワクチン接種率の高い国から経済復興が始まっています。コロナの間、人は都市を離れ暮らしやすい田舎へ移動した人も少なくなく、いざ、店や事務所を開こうとしたときに人手不足がサービス産業で起きています。
また、街のレストランがが一斉に開けば人件費だけではなく食料も高騰します。当然、店を稼働するための電力など、今まで休ませていた設備や人を一気に稼働することによって、人件費、食料、エネルギーが不足し、さらに市中に多くの緩和されたお金がインフレを起こしやすくしています。

これからの経済復興を考える際に、単に状況を「もとどおり」にするのではなく、環境や人に負荷の低いサステナブルな計画を立てようとするのが、新型コロナ禍でのBuild Back Betterの考え方ではないでしょうか。

SDGsとESG  ハッシュタグ
#SGDs  #14分野のグリーン成長分野戦略     #最新の環境トレンド(ブログ) #なぜ企業がSDGsを取り入れますか?   

地球温暖化原因と対策ページ ハッシュタグ
#地球温暖化 #人口80億人 #水枯渇問題 #ペーパレスとデジタル化 #食料問題 #自然エネルギーのシアリング #持続可能なエネルギー #カーボンニュートラル #都市型水耕栽培 #環境改善事業を企業構造に取込む

人口問題とジェンダー/リプロダクティブ・ヘルス ハッシュタグ
#人口問題     #食糧問題    #教育とフェアートレード     #フェアートレード

グリーン産業・ビジネス ハッシュタグ
# グリーン産業/ビジネスとは   #14分野のグリーン成長分野戦略  #環境改善事業を企業構造に取込む  

facebook     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »