気温上昇のモデルを作った真鍋淑郎さんノーベル物理学賞を受賞

イニシャル gh SDGs > カーボンニュートラル > 気温上昇のモデルを作った真鍋淑郎さんノーベル物理学賞を受賞

ノーベル物理学賞の受賞者に選ばれた真鍋淑郎さん(90)。
いまから50年以上前に「二酸化炭素が増えれば地球の気温が上昇し、地球温暖化につながる」ということを世界に先駆けて発表。
こうした成果がもとになり、地球温暖化や気候変動の研究が進みました。

真鍋さんがノーベル物理学賞の受賞者に選ばれたことを記念して、東京 江東区の日本科学未来館では6日、急きょ、真鍋さんの研究内容や功績を紹介するトークイベントが開かれました。

イベントには授業の一環で訪れていた中学生など10人余りが参加し、科学コミュニケーターが図や写真を投影しながら真鍋さんの研究内容を説明。

「真鍋さんは50年以上前に、非常にシンプルで本質を突いた気候の予測モデルを作った。こうした成果によって地球温暖化が人類の活動によって起きたことが科学的に裏付けられた」と功績をたたえました。

「現代の気候研究の基礎」

ノーベルの選考委員会は、真鍋さんの受賞理由について「現代の気候の研究の基礎となった」としています。

その気候モデル。真鍋さんは、地表面が太陽から受け取るエネルギーから、宇宙に逃げていくエネルギーを差し引いた「放射収支」と、空気や水蒸気が互いにどう影響し合うか、世界で初めて解明したとされます。

1960年当時、真鍋さんはアメリカの気象局で、温室効果ガスが増えたら気候がどうなるかという温暖化問題に取り組んでいたといいます。

地球の気候は、大気と海、そして陸地の間で熱や水蒸気がやりとりされ、次々と変化が起きる非常に複雑な現象ですが、真鍋さんは、複雑な関係を数式化して、世界で初めて大型コンピュータを使って予測したのです。

1967年に発表した論文では、二酸化炭素の濃度が2倍になると、地球の平均気温がおよそ2.3度上がるとしています。

真鍋さんは受賞が決まったあとのインタビューで「東京大学の地球物理教室にいた当時、天気予報を発展させて気候モデルを作っており、はじめは好奇心でやっていたが、アメリカに呼ばれて、コンピューターも使い放題で、全地球的な気候モデルの開発を始めました。1960年代のアメリカは冷戦を背景とした競争の中にあって非常に科学研究に力を入れていて、電子計算機の導入も盛んで、アメリカに呼ばれたのも幸運だったうえ、計算機が急速な進歩を遂げたというのも幸運で、いろいろな幸運が重なって今に来ている」と話しています。

またスウェーデン王立科学アカデミーは「60年前、コンピュータ(の処理速度)は、現在よりも10万分の1の速さでした。真鍋さんのモデルは比較的単純なものでしたが、真鍋さんはまさしく重要な特徴をとらえていた」と評価しています。

SDGsとESG  ハッシュタグ
#SGDs  #14分野のグリーン成長分野戦略     #最新の環境トレンド(ブログ) #なぜ企業がSDGsを取り入れますか?   

地球温暖化原因と対策ページ ハッシュタグ
#地球温暖化 #人口80億人 #水枯渇問題 #ペーパレスとデジタル化 #食料問題 #自然エネルギーのシアリング #持続可能なエネルギー #カーボンニュートラル #都市型水耕栽培 #環境改善事業を企業構造に取込む

人口問題とジェンダー/リプロダクティブ・ヘルス ハッシュタグ
#人口問題     #食糧問題    #教育とフェアートレード     #フェアートレード

グリーン産業・ビジネス ハッシュタグ
# グリーン産業/ビジネスとは   #14分野のグリーン成長分野戦略  #環境改善事業を企業構造に取込む  

facebook     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »