マイニング大量電力消費問題

イニシャル gh SDGs > カーボンニュートラル > マイニング大量電力消費問題

マイニング大量電力消費問題


マイニングとは? 暗号資産仮想通貨)ビットコインを中心とした仮想通過が決済されるときの暗号化、帳面記載作業になります。
 仮想通貨の取引においては、不正防止のため、ブロックチェーン と呼ばれる仕組みを実装しています。これは過去の取引の記録を保存した取引台帳のようなものです。ほぼ全ての暗号資産は取引のたびにこの台帳の更新を行わなければなりません。そのためには膨大な計算を行う必要があり、マイナーと呼ばれる人たちが、コンピューターでその計算処理を実行している。結果として1番最初に更新に成功したマイナーだけに報酬が支払われることになります。
 つまり、各仮想通貨会社は第三者に認証を依頼していて、この認証には何桁もの複雑な暗号化データを解読して、さらに暗号化して書き込む作業になり、その処理に多量の電力を必要とします。

暗号資産(仮想通貨 の消費電力は?


 他の仮想通貨の報告がないので、ビットコインによると、2021年5月時点で、ビットコインは消費電力世界代27位の消費電力142.59TWhノルウェーの消費電力124TWhを超えています。
 ちなみにGoogleの年間消費電力は12TWhFacebookで5TWhに過ぎません。
これは、仮想通貨が実際の取引で使われるよりも、証拠金取引による投機的な取引がインターネット上で頻繁に行われているからです。*現在、仮想通貨の数はInvesting.comによれば、メジャーだけでも20社を超えています。
 さらに、中国をはじめアメリカやヨーロッパ連合でも仮想通貨の採用が国家の通貨として計画されています。
 これは偽札に悩まされるメジャー通貨のジレンマから逃げ出そうとする一つの方法と考えられているようです。
実際のメジャー通貨が仮想通貨になった場合、いったいどれだけの電力が必要か見当もつきません。陽子コンピューターの開発が進めば別でしょうが、実際のメジャー通貨が暗号化通貨になった場合さらに地球環境が悪化することが予想されます。
 
 仮想通貨のマイニングを行うために国家レベルの年間使用電力が必要になります。マイニングの多くは発展途上国で高性能なグラフィックボードのGPUを利用して演算されています。
 発展途上国の少ない電力リソースヒトの生活の為ではなく仮想通貨の為に消費しています。
また、電力コストを削減するため、環境対策が十分にされていない火力発電所や石炭発電所で多くの二酸化炭素がマイニングの為に放出されています。

SDGsとESG  ハッシュタグ
#SGDs  #14分野のグリーン成長分野戦略     #最新の環境トレンド(ブログ) #なぜ企業がSDGsを取り入れますか?   

地球温暖化原因と対策ページ ハッシュタグ
#地球温暖化 #人口80億人 #水枯渇問題 #ペーパレスとデジタル化 #食料問題 #自然エネルギーのシアリング #持続可能なエネルギー #カーボンニュートラル #都市型水耕栽培 #環境改善事業を企業構造に取込む

人口問題とジェンダー/リプロダクティブ・ヘルス ハッシュタグ
#人口問題     #食糧問題    #教育とフェアートレード     #フェアートレード

グリーン産業・ビジネス ハッシュタグ
# グリーン産業/ビジネスとは   #14分野のグリーン成長分野戦略  #環境改善事業を企業構造に取込む  

facebook     



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »